梅田園について

庭木や苗木、コニファーの生産・販売 梅田園

四季折々を楽しませてくれる「みどり」。
当園は、 その「
みどり」の生産者です。

苗木・庭木・コニファー・公共緑化のほか
狭山茶も生産販売しております。
ご注文は1本から、承ります。
圃場から直接、全国へお届けいたします。
楽天
□迷子メールのお知らせ□ ■8月15日 埼玉県さいたま市 松本様■6月1日 福岡県福岡市 森田様■4月9日 東京都狛江市 服部様■
■ MENU ■
トップ
商品紹介
お得意様限定
ご注文/お支払
配送/送料
来園(圃場案内)
Q&A
植栽方法
梅田園の通知票
緑のリサイクル
縁起木と風水
リンク
梅田園
アクセス
特定商取引法
お問い合わせ

■営業日のご案内■
− 営業日 −
月〜土:10:00-18:00
休業日:日・祝祭日

− 電話受付 −
月〜土:10:00-18:00





mail
 梅田園
梅田園は、江戸時代(元禄)の頃より、昭和中期にわたり、「桑苗」の栽培を主とするおよそ13代続く「農家」です。曾祖父・弥次郎の頃より、毎年、その桑苗を宮内庁に献上し、それを引き継いだ祖父・2代目弥次郎は、東京都桑苗組合長を務め、業界の振興・発展に大変、熱心だった事から、勲五等瑞宝章を授与されました。宮内庁への桑苗献上は、現在も引き継がれていますが、戦後、社会状況等が大きく代わり、それに伴う当園の生産主軸は「桑苗」から、他の生産物へと移行し、昭和48年頃より、複合経営としての植木生産を始め、その数年後には、殆どの樹種を苗木から自己生産し、およそ60種以上の樹木を出荷する現在の植木生産専業農家となり、現在に至っています。

皇居内紅葉山御養蚕所で
ご給桑になる皇后陛下
(写真:宮内庁)
 植木生産
街路樹等の公共緑化木から、庭木に至るまであらゆる需要に対応できる事を目標とし、都内他市町村や他県まで圃場を拡大し、「緑の供給基地」として積極的に取り組んでいます。

■ 立川ケヤキ
この立川市では、当園の主要作目でもあるケヤキの並木を至る所で見る事ができます。当地域の黒ボク土壌で育成され、質・量ともに全国一と言われるケヤキは、立川市の古くからの主要生産物なのです。

当園では、その土壌を生かし、直立するケヤキに着目し、「接木繁殖」により、「優良樹形ケヤキの系統」の育成に力を注いできました。その結果、現在では「立川ケヤキ」として大阪万博を始め、全国に流通しております。近年では、ケヤキの良さをそのままに狭い空間の緑化にも対応した品種改良に成功し、「ムサシノケヤキ」として全国に向けて出荷しています。

立川市では、植木生産技術向上を目指し、洋風建築や町並みに用するコンテナ栽培や新品種の生産、確実で効率的な生産技術の取り組みが盛んに行われています。
 狭山茶販売
およそ25年前より、お茶小売業を始めた事から、当園は現在に至るまで「植木の梅田園」と「お茶の梅田園」の2本柱で成り立っております。
祖父の茶園で丹誠こめて作られるお茶のみを販売しております。お茶産地北部の「狭山」ならではのたっぷりと葉肉のついた茶葉で作られる独特な味わいとコクのある「狭山茶」を全国へお届けしています。
 生産者紹介
 代 表 梅田光司
日本植木協会に所属し、「優秀技能認定者(生産に関する土壌、剪定、病害虫等の生産管理技術に優れ、経験年数が20年以上の者)」として、活動するほか、数々の地元有志団体に参画し、植木業界の発展、後継者育成に力を注いでいます。
梅田富夫
長女の結婚と同時に植木業界にデビューさせて頂き、
当園の後継者として、地元有志団体等に加入し、
ただいま、奮闘中です。
お客様のご希望に応えられる樹の育成を心掛けております。
また、お庭造りのご相談やご質問もお気軽にどうぞ!
一生懸命、サポートさせて頂いております。
■ 狭山茶販売 ■


当園は、植木生産販売の他
祖父の茶園で作られる
「美味しい狭山茶」
販売しております。




狭山茶販売

霜や日照りに負けない様に、
虫や病気に負けない様に
元気で青々した茶葉が育つよう
祖父の茶園では、
大切に茶葉を育てています。
茶葉の栽培から製茶まで
一貫生産されるお茶を
直送致します!







Copyright © 2005 Umeda Nursery. All Rights Reserved. http://www.umedaen.com
無断転用・転載はご遠慮下さい。
























アクセス解析